スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
永遠のさようなら。
今日、友達が亡くなったことを知りました。

昨日、電車に轢かれたそうです。


ねえ、どうして逝ってしまったの。

私、ずっと一緒にいられると思ってて、なのにどうして。
こんなに早く逝ってしまうなんて。
まだまだ話したいこと一杯あるんだ。

だから帰ってきてよ。

じゃないと寂しいでしょ。
急に置いていかないでよ。

ねえ、まだ信じられないんだ。

明日になると、いつもみたいに笑顔で会えそうな気がするんだ。

だって、あんまりにも突然で。

理解できないよ。



学校で皆が泣いているなか、一人乾いた眼をして前を見ていた私を、あなたはどう思ったかな。

どんなに泣きたくても、泣けないんだ。
泣きそうになるたび我慢してしまう。

本当は、皆と一緒に泣きたいよ。

でもね、美術室にはあなたが残した作りかけの作品が一杯あって、まだ、気配が残ってるんだ。
それを見ていると、また会えそうな気がするんだ。

ねえ、会いたいよ。
伝えたいことが一杯あるんだ。

だから。

帰ってきて。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 木漏れ日. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。